洗顔石鹸アロマオイル特徴

心とからだをリラックスさせるアロマテラピーは、ここ数年、少しずつ着実に浸透してきました。いま、アロマオイルをはじめとするアロマグッズは、街のあちこちで販売されています。その一方で、「アロマテラピーってよさそうだけど、種類が多すぎてよくわからない」という方も多いのは事実。また、アロマテラピーが広まるきっかけになったせいか、「アロマオイル=ラベンダー=心地よい眠りにつくためのもの」という印象を持たれている方も多いようです。

もちろん、アロマ効果のひとつとして、毎日の仕事やストレスによって疲れた心やからだを癒すリラックス効果は大きいのですが、それだけではありません。たとえばレモングラス。柑橘系の香りのひとつですが、リラックス効果だけではなくリフレッシュ効果もあるとされ、気分を高めてくれるといわれています。ちょっと気分転換したい時などに、効果がありそうな香りですね。

こんなふうに、そのときどきの自分にあった香りを選ぶことで、毎日の生活をもっと快適にする手助けをしてくれるのがアロマテラピーなのです。アロマテラピーで使うアロマオイルは、ハーブなど植物の有効成分を抽出したもの。植物の花や葉が持つ香りを凝縮していますので、その香りや効能は、植物によって大きな違いがあります。アロマポットを使ってお部屋でリラックスしたり、お風呂にアロマオイルを入れて香りを楽しんだり、使い方はさまざま。

難しく考えずに、植物の持つ香りの力を楽しみましょう。アロマオイルは、ハーブの種類によっては大量の植物を必要とするため、とても高価なものもあります。市販されているアロマオイルの中には、他のオイルと混ぜたものや、天然由来でないものもありますので、純度100%のものかどうか、表示を確認するようにしましょう。はじめからアロマグッズをいろいろ揃えるのはちょっと...という方は、アロマオイルを使った化粧品などから試してみるのもよさそうです。

いろいろな商品が販売されていますので、どんな香りが自分にあうのか、お店で手に取って見るだけでも楽しそうです。お気に入りの香りがある方は、自分だけのアロマ石鹸を簡単につくることができます。まず、アロマグッズを扱っているお店などで、石鹸素地を購入します。

石鹸素地に熱湯を適量入れてよく練り、そこに好きな香りのアロマオイルを10滴ほど加えてまた練り、耳たぶくらいの柔らかさになったら、型などを使って形を整え、乾燥させます。だいだい4?5日くらいでできあがります。本格的な石鹸作りは、完成までに一ヶ月程度かかり、手間もかかるのですが、この方法なら気軽にできそうですね。